Windows Server 2003 + Squid

投稿者: | 2014年5月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Windows Server 2003 + Squid
Share on reddit
Share on LinkedIn
Share on StumbleUpon
Pocket
LINEで送る
email this
Share on Facebook
Share on FriendFeed
Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Livedoor Clip
Choix it!
Newsing it!
Bookmark this on FC2 Bookmark
Livedoor Clip - Windows Server 2003 + Squid
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark

squid

■Squid for Windowsの入手

Squid(スクウィッド)はプロキシ (Proxy) サーバ、ウェブキャッシュサーバなどに利用されるフリーソフトウェアです。

・以下のURLにアクセス
http://squid.acmeconsulting.it/index.html

・以下のファイルをダウンロード
squid-2.7.STABLE8-bin.zip

・解凍
※squidフォルダが表示されます

・squidフォルダをc:\に移動

■Squid for Windowsの設定

・C:\squid\etcフォルダのmime.conf.defaultファイルのコピーをmime.confとして保存

・C:\squid\etcフォルダのsquid.conf.defaultファイルのコピーをsquid.confとして保存

・メモ帳でsquid.confファイルを開く

・以下の項目を編集
http_port 3128

http_port 8080 ←編集(Proxyのポート番号を8080とする)

#acl localnet src 10.0.0.0/8 # RFC1918 possible internal network ←コメントアウト
#acl localnet src 172.16.0.0/12 # RFC1918 possible internal network ←コメントアウト
#acl localnet src 192.168.0.0/16 # RFC1918 possible internal network ←コメントアウト
acl localnet src 192.1.1.0/24 ←追記(アクセス許可するIPアドレスを指定)

http_access allow localnet ←追記

logfile_rotate 10

logfile_rotate 7 ←(ログファイルのローテション回数)

access_log c:/squid/var/logs/access.log squid

access_log c:/squid/var/logs/access.log ←編集(Apache形式でログ)

# emulate_httpd_log off

emulate_httpd_log on ←コメントアウト&編集(Apache形式でログ)

・squid.confを上書き保存

・コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行キャッシュエリアの作成
cd \squid\sbin
squid -z
※squid.confファイルに記述ミスがあるとエラーが発生します。

■Squid for Windowsの起動

・コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行しSquid をサービスとして登録
cd \squid\sbin
squid -i

・スタートボタンをクリック→管理ツール→サービスをクリック

・サービスの中にSquidがあることを確認

・スタートボタンをクリック→管理ツール→サービスをクリック

・Squidを選択し、サービスの開始ボタンをクリック